英語の勉強必ずモチベーションが下がる!その理由と対策紹介!

英語の勉強はコツがあります!!


英語の勉強はテキストのみでしていますか?今の時代、効率よく英語を勉強するならスマホも併用して使うと劇的に伸びます。

そもそも、英語が話せる人のほとんどが「英語は継続して勉強したらできる」と口を揃えて答えます。

そう、英語の勉強は継続なんです。

どうしたら継続できるか?

それは英語をいつも見る環境を整えることです。つまり、英語の習慣化です。そこでスマホが使えるんです!

スマホって少なからず毎日一回は見ますよね。そのスマホに英語の勉強を組み合わせれば、継続が可能になってきます。継続すれば英語は必ず上達します。

これは使わない手はないでしょう!

 

僕は現在進行形で英語を勉強していますが、ハイテンションな時は英語で話せるようになるゾ~!とはりきっています。でもホントはモチベーションだだ下がりで、今日はヤダ。もう止めとく。メンドくさい。ホントに出来るようになるの?ってなりがちなんですよ(泣)

そんな時は自分のことイヤになります(苦笑)あぁ、三日坊主…。いや定期的に嫌になるから三日ごと坊主?なんて自分で自分にツッコミ入れてなぐさめたり。

で、今にも投げ出しそうなのを何とか持ちこたえてる今日この頃ですが、どうしてモチベーションは続かないの?どうすればモチベーション下げずにいられるの?、と悩んだあげくモチベーションについて徹底調査しました!同じ悩みのアナタぜひぜひ参考にどうぞ!

英語のモチベーションと挫折

まず英語の勉強法を調べてみると、セットで「挫折」という言葉がでてきます。多くの人は挫折し何度もやったりやめたりを繰り返す内に時間とお金を大量に無駄にしてしまうのが現状です(泣)勉強を始めたころの熱い心は一体どうして、どこへ行ってしまうのでしょうか?

挫折には年代、性別、勉強した度合いに関わらず共通した理由があるようです。

挫折の理由
  • いくらやっても、なかなかうまくなった実感がわかない。
  • 英語がわからないと感じる。
  • 頭の中が日本語だらけで英語に切り替わらないことが多い。
  • 他人はどんどんうまくなるのに、どうして自分はこの程度なんだろうと悲観的になってしまった。
  • こんなに時間を費やして勉強してきたのにとすっかり気持ちが萎えてしまった。

留学経験があったり長年海外に住んでいても、英語ができるようになる人と、できないままの人がいます。反対に国内だけの勉強でも、なんら問題なくスムーズに、お金も時間も最小最短で英語ができるようになる人と、挫折してお金も時間も無駄になりあきらめてしまう人もいます。

これらに共通する決定的な違いは才能や環境ではなく、実はモチベーションとうまく付き合えたかなのです!

ジュンジ
モチベーションは保つっていうんじゃないの?
スタディサプリが好きな英語の達人
違うんですよ。僕も初めはそう思ってモチベーション維持法とか調べましたが、モチベーションとうまく付き合っていけば良いとわかった時、自分自身がワンランクアップしたような気分になりましたね。
モチベーションとうまく付き合う
モチベーションは保つと表現されますが、実は保つのではなく「付き合っていく」ものです。それを間違えると挫折へつながってしまいます。モチベーションとうまく付き合い、英語の勉強を習慣化できると成功へつながります。 

モチベーションと英語の習慣化

モチベーションとうまく付き合うというのは、英語の勉強が習慣化できているか?という事になります。英語をモノにした人は英語そのものが習慣化できているんですね。

「モチベーションが上がる・下がる・保つ」と理解していると「勉強しなきゃ」と思いつつ、ついダラダラしてしまう時に「頑張れ、僕!」と気合いを入れてモチベーションを上げようと努力します。

ジュンジ
モチベーションを上げようと頑張れば、がんばるほど逆に下がっちゃうんだよね(汗)
スタディサプリが好きな英語の達人
なんで、やる気が続かないんだろう?と自分を責め、英語の勉強以外のことに努力しなければならないと焦り、遂には挫折へまっしぐらと、実は僕もなりそうでした(笑)

英語の勉強は目標がないと絶対に続かないのではなく、具体的な目標はなくても習慣化さえできていれば、挫折せずに続けることはできます。目標に迷い、結果、目標が変わっても構いませんよ。習慣化できていれば情熱が冷めかけても大丈夫です!

つまり英語を身につけるステップとしてモチベーションとの付き合い方を知り、習慣化に成功すれば英語の勉強も成功に近づくことになります。

英語のモチベーションが下がる理由

次に英語を習慣化するためにも、なぜモチベーションが下がるのか考えてみましょう。挫折したという人と同じ、こちらも年代、性別、勉強した度合いに関わらずたくさんの人に共通している事があります。

モチベーションが下がる理由
  • 退屈で覚えるのが苦痛。
  • 英語が話せなくても日常生活で困らない。
  • やるべきことをやっていないので自己嫌悪に陥る。
  • 自分が成長しているかよくわからない。

これをわかりやすく例えてみましょう。

下がる理由の例え
  • 会社の仲間とフットサルチームを作ってるけど、ボールがなかなか回ってこない(立ってるだけなんて退屈だよ。)
  • 必ず練習に行かなくても困らない(だってプロじゃないんだから。)
  • 味方にパスをうまく回せないと「練習してないからだ~!」と落ち込む(練習は嘘をつかないって聞いたことある)
  • ドリブルで相手を抜ける時もあるんだけど…(周りから見ると僕ってヘタクソかも)

「その日の気分に左右されず練習を地道に続けていれば、もっと上手くなったはず!」という声が聞こえてきそうです。

自分の力でモチベーションを上げる努力するのはとても難しい事なのです。

モチベーションと英語の付き合い方

モチベーションが下がり英語の勉強をやめたくなる二大要素に「退屈」「覚えるのが苦痛」とありますが、目標を見失ってしまう前にやるべき事とやりたい事の交わる点を見つめ直してみましょう。

文法がわかれば言いたい文章が組み立てやすくなるし、表現を知れば自分の言えることの幅が広がります。さらに単語を知っていれば理解も深まり会話をしやすくなります。つまり続けると確実にレベルが上がります

伸びている実感がないと感じる時期は必ずやってきます。その時こそ要注意!そこであきらめたりやめてしまう人が多いんですよ(泣)

どうかあきらめてしまう前に一つ思い出してみてください。

誰もがもつ思考回路

人はできなかったことは覚えていますが、できるようになったことは忘れてしまうものです。乗り越えた壁のことは全部覚えていないので、つまづいた時の記憶ばかりが残りあきらめそうになるのです。あきらめず、そこまでに乗り越えた壁があることを思い出しましょう。 

英語の勉強を習慣化する

英語を身につけるには毎日コツコツと継続する努力が必要不可欠です。そもそも英会話は数学や歴史などの一般的な勉強と違って、自転車や車の運転に似ているところがあります。

なぜなら英会話は一種のスポーツであり、まず使いこなせるようになるまでは正しい方法で何回も繰り返して練習し、体に覚え込ませる必要があるからです。

英語の勉強における様々な学習は、単なる知識の吸収というよりも英語の回路を築き上げるための練習となります。その練習は同じことを何回も体にしみこませる作業になりますので、勉強というよりは自転車の練習。つまりスポーツに近いのです。

英語の回路

英語を瞬時に正しく使うための能力。耳から入ってきた音を英語の文法に従って意味を把握したり、知っている知識の中から必要な情報を瞬時に判断して組み立てるなど頭の中で行う処理。

私たち日本人が日本語を話す時に日本語の回路を自然に使っているように、慣れてしまえば、ほとんど無意識に行うことができるようになります。

ジュンジ
英語の回路ができるまでは、スポーツでいえば長距離走だよね。
スタディサプリが好きな英語の達人
まさしくその通りです。モチベーションとうまく付き合い、英語の勉強を習慣化してしまえば、落ち込んだりイヤになることがグッと減り息の長い選手になれますよ。

その他にも自分が成長しているかよくわからないというのは、自分の使った英語が相手に通じなかったのではないですか?勇気をだして英語で話してみたのにダメだった~(泣)という経験のある方は、実は次のようなことも原因なんですよ。

え?っと聞き返される。

勇気をだして英語で話してみたら「え?っと聞き返された」そんな経験のある方は多いはずです。そんな時は、もう一度、大きな声で話してみてください。思っていたより自分の声が小さく相手が聞きとれていない。聞こえていない場合がよくあるんですよ。

話している間、相手が反応しない。

ノーリアクションに驚いたことのある人もいませんか?これは「あいづち」の文化の違いで外国の人、特に英語圏の人は相手が話している時は黙って聞くという基本姿勢があるので、こっちが真剣に話せば話すほど「黙る」んですね。

ジュンジ
なるほど!外国の人に道を聞かれて答えても、黙ってジッと顔見てるから、そんなに僕の英語ダメ?って落ち込んだことあるよ!今度は大きい声でノーリアクションでもガンガンいくぞ~(笑)
スタディサプリが好きな英語の達人
良いですね~。その調子(笑う)楽しみながらのスポーツと同じで上達するし長続きしますよ。

英語は習慣化して繰り返し反復することによって上達します。昔だったらテキストとか問題集をみて勉強するってことが多かったかもしれませんが、今はスマホアプリで簡単に勉強することができるようになりました。スマホなら毎日見る人が多いので、英語もスマホで一緒に習慣化させてしまうといいかもしれませんね。

まとめ

  • 英語の勉強は何度チャレンジしても挫折する人が多い。
  • モチベーションはうまく付き合うもの。
  • モチベーションと付き合うとは習慣化すること。
  • 英語の勉強を習慣化できると成功へ近づく。
  • 英語の勉強はスポーツと同じ。体にしみこませる。
  • 慣れてしまえば英語の回路ができている。

英語の勉強はモチベ管理が大切です。勉強を習慣化すれば歯磨きと一緒で苦痛でもなんでもなくなり、英語の勉強に抵抗がなくなります。英語を一日のルーティンとして入れていけば必ず挫折せずモチベーションを保つことができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください