英語の勉強はニュースでも可能??最適な学習方法を徹底調査!!

英語の勉強はコツがあります!!


英語の勉強はテキストのみでしていますか?今の時代、効率よく英語を勉強するならスマホも併用して使うと劇的に伸びます。

そもそも、英語が話せる人のほとんどが「英語は継続して勉強したらできる」と口を揃えて答えます。

そう、英語の勉強は継続なんです。

どうしたら継続できるか?

それは英語をいつも見る環境を整えることです。つまり、英語の習慣化です。そこでスマホが使えるんです!

スマホって少なからず毎日一回は見ますよね。そのスマホに英語の勉強を組み合わせれば、継続が可能になってきます。継続すれば英語は必ず上達します。

これは使わない手はないでしょう!

 

海外のニュースって日本では考えられないハプニングや事件がありとても面白いですよね。テレビでも特集が組まれるとだいたい海外での話が多い気がします。

そんなニュースをスラスラと読んだり聞くことができるようになったら、楽しいし面白いと思いませんか?では早速!と読んでみたいのですが、僕もまだ英語は勉強を始めたばかりなので、いきなり英字新聞を読む事はちょっと無理があります。

そこで、ニュースで英語を勉強するのも英語を覚える一つの手段なのかなぁ?と思い、初心者でもニュースで勉強することが出来るのかを調べてみることにしました。

ニュースで英語を学ぶことは英語の勉強法としては最適だった!

電車の中で日本人が英字新聞を読んでいると、知的な印象がありかっこいいし憧れますよね。実は初心者にとって英字新聞を読むことはとても効果的な学習法だそうです。

英語のニュースや英字新聞は、世界で今リアルに使われている最新の言葉を学ぶことができ、勉強の教材として取り入れるのは効果絶大で英語の個人レッスンクラスと言えるくらいとてもオススメです。

また、英語のニュース番組はリスニング教材として最適で、発音がきれいなアナウンサーの英語はベーシックな英語を学ぶのに適しています

英語が読めるようになるためには毎日少しずつ学習することが大切で、1ヶ月に数回1~2時間の勉強より毎日30分でもいいので、触れることで新しい単語も自然に覚えることができます。そのためのリーディング教材としては英字新聞からはじめることが最適ですよ。

ジュンジ
なるほど!日本でも確かにニュースや新聞はきちんとした言葉や文章と聞きやすさがあるよね!じゃあ実際どんな方法で勉強していけばいいのかなぁ?

英語ニュースを活用した勉強方法とは?

「英字新聞を読んでみたいけれど、どのように活用したらよいのかわからない」という人や「難しくて読めない」と挫折してしまう人も多いのではないでしょうか?そこで、挫折しないためにはどんな読み方のコツや勉強をしたらいいのかまとめてみました。

英字新聞の読み方
  • 興味のある記事だけ読む
  • その中でじっくり読む記事を決める
  • 辞書をなるべく使わずに読む

興味のある記事だけ読む!

日本語の新聞や雑誌でも隅から隅まで全部読むことはしませんよね?英字新聞でも同じことで、見出しをみて興味を持った記事だけ読むようにしましょう。全ての記事を読む必要はありません。

自分が「読んでみたい!」と思った英文は、結構読むことが出来るものです。興味のない記事を無理して読むよりも、興味のある記事を読んだ方が英語力は伸びるのではないでしょうか?このように、興味のあるものだけを楽しみながら読んでいくことが、挫折しないで続けるコツです。

ジュンジ
僕の興味のあるジャンルはスポーツかな!好きな記事で勉強できたら苦手意識も薄れて、スポーツ関係の単語や英語もどんどん覚えられそうだなぁ♪

その中でじっくり読むことが出来る記事を決める!

毎日1本、自分が最も興味を持った記事を選びましょう。例えば野球の記事に興味があるなら、目についたその記事だけをひたすら読み続ける様にしてください。忙しくて読む時間がとれない時には、記事の見出しだけで構いません!その記事を拾って読むようにしましょう。

英文記事は最初の一文目に一番重要なことを伝えて、その後細かい補足情報を徐々に出していく逆ピラミッド構造』で書かれています。記事の要旨が集約されているため、ここを読むだけで記事の概要をつかむことができます。

ジュンジ
単に興味がある記事を読むところから始まって、そのつながりある記事も読んでみたり、好きなものを出発点にしてジャンルを広げていく方法は視野が広がって良い発見ができそうだね!

辞書をなるべく使わずに読んでみる!

英語リーディングが苦手だという方に共通する傾向のひとつに、「全文を完璧に訳そうとする」というものがあります。この方法では全文を読み終えるのに時間がかかりますし、辞書を引くことがどうしても面倒になってしまいます。

その結果、英文を読むことそのものをやめてしまいがちです。それでは本末転倒で意味がないですよね。だから、英字新聞を読んでいれば当然知らない単語が出てきますが、だいたいの意味がわかれば良いという心構えで取り組み、まずは辞書なしで読んでみることが大切です。

それに、辞書を使わないで読むという方法は、継続しやすいというだけでなく、文脈から単語の意味を類推する訓練にもなります

単語の意味はなるべく文章の内容から類推するようにして、どうしてもわからない単語については、全文を読み終わったあとに辞書を引いて確認しましょう。

ジュンジ
まぁ、単語+単語をつなげていけばなんとなく伝えたい事はわかるとは思うけど、本当にそれで読めるようになるのかなぁ?でも、隅から隅まで記事を読むことも無理だよね。1つの新聞に何年もかかっちゃうよ!

とはいえ、どうしても理解ができずに前に進まない!という方は多いと思います。その場合はこの記事だけは完璧に理解しよう!と決めた記事のみ辞書を活用するのもいいと思います。

このように、『辞書を引かずにサラッと読む事』+『辞書を引きながらじっくり理解する』といった勉強法でさらに力をつけることができます。

オススメのニュースサイトは?

英語でニュースを読むなら英字新聞を購読する?と思っていたのですが、そもそも英字新聞って特定の場所や書店でないと中々購入できないですよね。

もっと気軽に英語のニュースを見る方法はないものかと調べてみると、なんと無料で読むことができる英字新聞のWEBサイトがあるそうです。これは活用しない手はないですよね!

オススメのニュースサイト
  • The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)
  • POLYGLOTS(ポリグロッツ)

これらのニュースサイトは、初心者の人でも安心して使えるワンタップ辞書機能付きです。ワンタップ辞書機能付きとは、単語をタップするだけで英和辞書が出てきて、単語の意味が表示される機能らしいですよ!

The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)

「The Japan Times Alpha」は2018年7月に英語学習者のニーズに合わせてデザインとコンテンツを一新し、「The Japan Times ST」から「The Japan Times Alpha」にリニューアルされました。

リニューアルをしてとても見やすくなったと読者の方には人気です。統一された見出しデザインは、それぞれのコーナーをわかりやすく表記されているので、読みたい記事や読みやすい記事がすぐに見つかります。

そして、全部の記事に難易度が星印でレベル分け表示されているところが大きな特徴です。これにより、読者のレベルに応じて読める記事とチャレンジする記事が明確になり、初めて手に取る方や英字新聞を易しいものから読みたい方にはたいへんわかり易くなってます。

引用:『The Japan Times Alpha』公式サイト

また、ニュース記事の一部には「全訳」が載っているのもポイントです。日本語の訳をみながら英文を音読するといった使い方もできますよ。

ジュンジ
読者のレベルにあわせて星型のアイコンの数でコンテンツを一目で選べるというのは、英語学習者のニーズに合わせて作られているよね!

POLYGLOTS(ポリグロッツ)

POLYGLOTS』(ポリグロッツ)とは、世界中の英語ニュースを読みながら気軽に英語学習ができる英語ニュースアプリです。英語ニュースが読めるだけなら既にたくさんのニュースアプリがありますが、POLYGLOTSには英語学習に特化した便利な機能と特徴があります。

POLYGLOTSの便利な機能
  • ワンタップ辞書機能と単語帳
  • ニュースのテーマは17種類!
  • スペル入力式テストやフラッシュカードなど、単語学習アプリの機能

わからない単語にタップするだけで英和辞書が出てきて、単語の意味が表示されます。気になった単語は「ブックマークに追加」に追加をしておくと「ブックマークした単語リスト」に自動追加され、オリジナルの単語帳をつくることができるんです!

苦手な単語をまとめて復習することができるので、次また調べることを繰り返さず効率がいいですよね♪

また、POLYGLOTSは17種類のテーマがあり、幅広いジャンルのニュースを読むことができます。興味のあるジャンルを読むとモチベーションを保ちやすくなり、スムーズに力を伸ばすことができるので、幅広いジャンルのニュースが読めるのは魅力的です☆

しかも、自分が読みたいテーマにチェックを入れておくと、そのテーマのニュース記事を集めてくれるので、探すことなく最新の情報を知ることができて便利ですね。

そして、単語学習機能がとっても充実しているのもPOLYGLOTSの特徴です。「検索したことがある単語リスト」・「ブックマークした単語リスト」・「TOEICによく出る単語リスト(Lv1~Lv6」とそれぞれ3つのカテゴリーに分けられ勉強することができます。

さらに、『Flash Card(単語カード形式の学習)』『Word Test(スペリングの学習)』『Play Voice(リスニングの学習)』 という3つの機能も用意されているんですよ。

ジュンジ
無料なうえにワンタップ辞書機能付きなんてすごいサイトだなぁ!

こうした無料のニュースサイトと合わせて活用すると良いのが、集中的に英語を学べる『スタディサプリEnglish』というサービスです。こちらは有料ですが、口コミでもかなりの高評価のオンラインアプリです。

最初に7日間の無料おためしをすることができます。スタディサプリイングリッシュのお試しレッスン無料で感無量!で紹介していますので、ぜひこちらも見てみてくださいね!

まとめ

  • 初心者が英字新聞を読むことはとても効果的な学習法です
  • 興味を持った記事だけ読むようにしましょう
  • 自分が最も興味を持った記事を読み続ける
  • 辞書を使わないで読む

英語が出来るようになるためには継続が大事だということがわかりました。初めは無理をせずに自分のペースで少しずつ勉強していければいいですよね。

つめこみすぎて途中でやめてしまわない様に、電車の中や待ち合わせで待っている間、布団の中など、どこでもスキマ時間を見つけて短い時間で学ぶことからはじめようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください