英語の勉強は小学生からが良い?その理由と効果を調べてみた!

英語の勉強はコツがあります!!


英語の勉強はテキストのみでしていますか?今の時代、効率よく英語を勉強するならスマホも併用して使うと劇的に伸びます。

そもそも、英語が話せる人のほとんどが「英語は継続して勉強したらできる」と口を揃えて答えます。

そう、英語の勉強は継続なんです。

どうしたら継続できるか?

それは英語をいつも見る環境を整えることです。つまり、英語の習慣化です。そこでスマホが使えるんです!

スマホって少なからず毎日一回は見ますよね。そのスマホに英語の勉強を組み合わせれば、継続が可能になってきます。継続すれば英語は必ず上達します。

これは使わない手はないでしょう!

 

大人になってからの英語習得って、けっこう大変ですよね。ネイティブな発音も難しいですし、僕も発音にはちょっと苦労しています。それに英語は、勉強に対して吸収力がある小学生から始めると良いそうですよ✩

でも、小学生だって忙しい!学校の宿題もあるし、友達とも遊びたいし、習い事をしている子もいます。そんな中で、英語を勉強する時間を作るのは大変ですよね。大人みたいに深夜に勉強するわけにはいきません。

なぜ、小学生から英語の勉強が必要なんでしょうか?何かメリットがある?中学生からではでダメなの?幼児から英語と触れ合ったほうが良い、とよく聞くけど、小学生からでは遅いんじゃない?…と疑問はたくさん出てきます。深堀して調べてみましょう!

小学生から英語学習が必要な理由

言語能力などの発達を考えたとき、母国語である日本語がある程度身につきつつあり、脳が柔らかく学習能力の高い小学生は、英語を学び習得するのに最も適している時期と言われています。学んだことは、どんどん吸収していくのも小学生の特徴ですよね✩

ジュンジ
小学生って、楽しく勉強できれば英語力もぐんぐん伸びそうだよね!

小学生のお子さんがいるご家庭では知っていることだと思いますが、小学校では5年生から英語教育が始まっているんです。内容は英語を「聞く」「話す」といった、英語に親しむための活動となっています。僕が小学生の時はなかったんですよね(汗)

2020年にはその英語を「聞く」「話す」活動は小学3年生からスタートし、5・6年生では「読む」「書く」を加えた英語という教科として教科書を使って学習することになるそうです。もちろん、成績もつきます。小学生での4年間の学習で600~700語程度の単語を指導するそうです。

ジュンジ
2020年と言えば!東京オリンピック☆オリンピックイヤーに英語の学習が小学校でも変わるんだね。なんだか運命的なものを感じるのは僕だけ…!?
スタディサプリが好きな英語の達人
いやー、鋭い!オリンピックに合わせての変更でしょうね。ちなみに、すでに3年生からの英語活動が始まっている公立小学校もあるみたいですよ♪
ジュンジ
そういえば、僕の友達の子供が小学3年生なんだけど、学校で英語を教えてくれてるって言ってたな。「すごく楽しい!英語の授業が待ち遠しい♪」って言ってるらしく、友達も「大きくなったら国際的に活躍するモデルか?芸術家か?将来が楽しみ!」って言ってたよ。

何でも楽しめる小学生の時期に英語を楽しく学習出来たら、きっと英語が好きになっちゃいますよね♪好きなものに対する小学生の集中力はとてつもなく高いものです。

例えば、小学生にゲーム機を与えると、あまりに楽しくて何度繰り返しても飽きる様子もなく、集中して遊んでませんか?ご飯の時間も忘れちゃうほどの集中力です。親が話しかけても聞こえていません。聞こえるのはゲーム機から出る音だけ…(笑)

こんな風に英語を好きになったらあっという間に英語を話せてしまうのではないでしょうか?それが小学生なんです。だから、小学生のうちに英語を楽しく学び、英語を好きになることが必要なんだと、僕は思います。

ちなみに、多くの子どもが中学1年で英語が嫌いになっているという調査報告があります。中学生になって、アルファベットを覚え、単語と共に文法をいきなり学んでもちんぷんかんぷんですよね。分からないから、嫌いになる。僕も中学の時は英語が苦手でした…。

だからこそ、嫌いになる前、小学生のうちに英語は楽しい!と感じていれば、中学英語もすんなりと受け入れられると思うんです。そのための準備期間として、小学生で楽しく英語を学ぶことが必要なんですね☆

乳幼児期から英語学習は必要だった?

赤ちゃんの頃から英語を聴かせると「英語耳」が育って、ネイティブな英語が身につく、とよく言われていますよね…。そりゃあ、英語学習は早ければ早いほうが良いと、誰もが思うことです。

ジュンジ
僕も、できれば赤ちゃんに戻って英語を聞きまくりたいよ。そうすれば、今頃ペラペーラとネイティブな英語を話せていたんだろうな…。

まぁ、過去に戻ることはできないなんてことはわかっています(笑)では、ペラペーラと英語を話せる大人はみんな赤ちゃんの頃から英語を聞き、英語耳を養ってきたのでしょうか?

答えはNOですよね。何歳から始めても遅すぎるということはありません。大切なのは、本人が学びたいときに学ぶことですよね☆脳が柔らかく、学習能力が高い小学生も、英語耳はきっと育つのではないでしょうか?

実際、英語圏に移住した日本人の小学生も、個人差はありますが、半年ほど現地にいれば日常会話は覚えてしまうそうですよ!子供の適応力はすごいです☆

ジュンジ
そういえば、僕の友達の話なんだけど、子供が3歳の頃、幼児が英語を楽しみながら学べるDVDを何枚か貰ってかけ流ししていたんだって。それで、英語に興味を持ったら本格的に英語教育を始めようと考えていたようなんだ。
スタディサプリが好きな英語の達人
おやまぁ!そんなに早くから始めたお友達がいらしたんですね。
ジュンジ
ねー!すごいよね。最初は楽しくて繰り返し見ていたんだけど、一週間もしないで飽きたらしい。「〇〇〇(日本語のアニメ)が見たい!」って。結局、その後親がDVDをかけても見向きもしなかったってガッカリしてたよ。ついでにそのDVDは、今は子供のおままごとの道具として役に立ってるそうな…(苦笑)
スタディサプリが好きな英語の達人
あらら(汗)そうそう、幼児期から英語教室などに通っていて、楽しく英語と向き合っていても、別の習い事を始めるとそっちの方が楽しくなって、英語に興味がいかなくなり結局辞めた…なんて口コミもありましたね。

また、幼児期の英語教育には反対、母国語(日本語)の土台ができていないところで、第二言語(英語)を習得しても意味がない、という専門家の見解もあるようです。

幼児期から始めてたって、本人が飽きてしまったり、英語以外に興味を持ったために英語学習を拒否して続かなければ英語は身に付きません。逆に、勉強に興味を持ちやすい小学生から始めたほうが、良いように思います。英語学習は早いに越したことはないけど、遅過ぎはないですよね☆

英語耳とは?
「英語耳」とは、英語を聞き取る力、つまり発音やイントネーションなどネイティブな英語がそのまま自然に聞こえることを言います。 

小学生が英語を学ぶのに効果的な学習方法は?

幼児期に英語を学ばなくてはならないという決まりはないですし、みんながみんな塾に通っているわけでもないです。そうなると、学校で英語を学ぶ時間のある小学生になって初めて英語を学ぶという人が多いはずです。

そんな英語初心者にとって基本的な学習方法についてまとめましたので、参考にしてみてくださいね。小学生にはもちろん、大人にも当てはまりますよ☆

学習方法
  1. 聞く(ヒアリング)
  2. 話す
  3. 読む・書く

最初は、英語をたくさん聞き、単語を覚えていきます。「英語のシャワーを浴びる」ということですね☆その単語に慣れてきたら、簡単な短文をたくさん聞き、英語のリズムに触れて慣れていきます。

スタディサプリが好きな英語の達人
英語圏に住む乳幼児が聞いて歌うような、英語の歌をかけ流すことも、子供にとって楽しく英語を聞くことができますよね。
ジュンジ
まさに、リズムで英単語を覚えるってことだね☆それに、今はYouTubeもあるから検索すればすぐにちょうどいい英語が聞けるよね☆

英語をたくさん聞き、慣れてきたら簡単な英会話を覚えていきます。まずは挨拶なんか良いのではないでしょうか?

スタディサプリが好きな英語の達人
Thank you!」「You’re welcome.」…このような簡単な英会話から始めてはどうでしょう?
ジュンジ
おぉ、簡単で良いですね♪Good Morning!って言いあうのもありなんじゃないかな?
スタディサプリが好きな英語の達人
良いですねぇ。とにかく、簡単な英会話を意識して、会話を楽しむことが大切です。赤ちゃんが初めて言葉を話すことをイメージすれば分かりやすいですよね。
ジュンジ
あー、確かに!赤ちゃんはいきなり話せないもんね。
スタディサプリが好きな英語の達人
でしょ?赤ちゃんは近くにいる大人たち(親や兄弟、祖父母など)の会話を耳で聞いて、徐々に覚えていきますよね。英語習得の基本は、赤ちゃんが言語を習得する過程と同じなんです。

それにも慣れてきたら、実際に英語を話す機会を作ります。なぜなら、せっかく英語を覚えても話さなければすぐに忘れてしまうからです。実際に話すことで、子供の自信につながり、やる気を引き出せます。

簡単に会話を楽しめるようになったら、実際にノートにアルファベットを書いて覚えたり、幼児が見るような英語の絵本やドリルなどのワークブックを使い、簡単な「勉強」を始めていきます。どんな子でも、いきなり英文を書くのは無理です。簡単な「勉強」から始める。これがコツです☆

スタディサプリが好きな英語の達人
言葉を覚え、活発に話をするようになった幼稚園児は、次第に字を書くことに興味を持ちます。そして、絵本も自分で読もうとします。それが、まさにここです。簡単な英会話を話せてから、実際に書く、読むことを覚えれば良いんですよ。
ジュンジ
ふむふむ、それじゃあ、まずはアルファベットを覚えて、自分の名前をローマ字で書いてみることから始めてみればいいのか!
スタディサプリが好きな英語の達人
それが書けようになったらうれしい♪ってなりますよね。そして、教えてもらいながらでも、自分が話していた内容を英文で書けた、絵本が読めたー☆となっていくわけです。
ジュンジ
そうなれば、小学生はますますテンションが上がること間違いなし!だね。

どうでしょう?これなら、小学生も楽しく英語を始めることができるのではないでしょうか?そして、小学生の口から「英語なんて楽勝じゃん♪」なんて出てきたらこっちのものです(笑)英語マイスターの道を一直線ですよね☆

小学生からでもスタディサプリイングリッシュは使える?

英語を習得するためには実際に話す機会が必要になりますが、いくら海外の観光客が多くなったからといって、僕たちの身近にすぐ話すことのできる外国人がいるわけでもないですよね。

ジュンジ
そうなると、英語を話せる人が身近にいないと厳しいよね。

そんな悩みを解決してくれて手軽にオンラインで英会話ができる良いアプリを知ってるんです☆その名もスタディサプリイングリッシュです!

スマホやタブレットがあればちょっとした隙間時間に学ぶことができますし、このアプリはTOEICにも対応しているので、幅広く使えるアプリなんです。僕も利用してますが、発音の評価もしてくれますし、お勧めですよ♪ただし、料金が発生します。

では、小学生はスタディサプリイングリッシュを使いこなせるのでしょうか?まずは合わなかった体験談をみてみましょう。

スタディサプリイングリッシュ・小学生はダメだった体験談
  • スタディサプリイングリッシュは、小学生には不向き。うちの子は、英語が読めなく、一発で挫折した。英語を学んだことがある人が学ぶものだと思う。
  • サプリ内に出てくる文章の漢字が読めなかった。小学生が一人で使うのは厳しい。

確かに、英語と全然向き合っていないうちから始めるのは、ちょっと早いですね。スタディサプリイングリッシュは、中学英語からのスタートです。しかも、文章内に習っていない漢字が出てくると、もっとやる気が起きなくなってしまうでしょう。

でも前述したように、英語を「聞く」「話す」「書く」「読む」を経験していたらどうでしょう?耳で聞き取り、アルファベットを覚えていたら、すんなりと耳に入って、学ぶことができるかもしれません。

それに、スタディサプリイングリッシュには、「オートリスニング」という機能があります。この機能はレッスンの英会話を自分で範囲を決めて聞き流す事ができる、という優れもの☆小学生にもってこい!の機能ですよね♪

スタディサプリが好きな英語の達人
体験談にもあった「小学生ひとりでは難しいと感じる内容」でも、慣れるまでご家族も学習に付き添ってみると違いますよね。分からないところは一緒に学ぶことができますし、ご家族のコミュニケーションも取れます。例えば、夕食後などのちょっとしたくつろぎの時間に一緒に学習できれば、読めない漢字も教えてあげられますよ。
ジュンジ
さすが達人!ナイスアイデア♪あと、家族がこのアプリを使って英会話を学んで、お子さんと英会話を楽しめば「英語を話す機会を作る」一つの方法になるよね。英語が苦手な家族も英会話ができるようになって一石二鳥☆
スタディサプリスタッフ
ご家族がスタディサプリイングリッシュを使っている姿を見て、お子さんが興味を持ったら、ぜひ体験させてあげてください♪7日間の無料体験もありますよ☆

小学生には難しいかもという一方で、楽しめたという体験談もありました。

スタディサプリイングリッシュ・小学生も楽しめた体験談
  • 5歳から英語教育をしていた娘が小学2年生で母がやっていたスタディサプリイングリッシュに興味を持ち、一緒に学習を始めた。とても楽しく学習できている。今は娘専用にアプリをダウンロードしている。
  • 小学2年で英検3級に合格し、それ以降は停滞したまま6年生になった息子は、頑張って続けられている。

調べてみて分かったことは、スタディサプリイングリッシュを楽しんで学習できている小学生の多くは、幼児期に英語と触れあっていて、ある程度の英語の知識がある子どもが多いことです。

ジュンジ
中学・高校と英語を学んできた大人も、少しは英語を覚えている、という状態でのスタートが多いし、それと似た感覚なんだね。

2020年には小学5年生から英語の授業が始まるように、今後英語の授業開始がもっと低年齢からに変わるときもやってくるかもしれません。今はテレビでお子さん向けの英語番組もやっているので、学校で英語を習う前に触れ始めることもあるでしょう。

そうやって英語に触れ始めたときや、「読む」「書く」を覚え始めた5・6年生からスタディサプリイングリッシュを試してみるのも一つの選択肢として、アリではないでしょうか。きっと、英語がもっと好きになりますよ♪

子供たちの前にまずは大人である自分たちから学びたい!と思ったら、英語の勉強は基礎から始めよう!大人になってから楽しい勉強!をぜひ参考にしてください。

家族で、簡単な日常会話を英会話でできたら楽しいでしょうし、親と同じレベルから勉強ができるとなると、子供もうれしくて一緒に勉強しよう♪ってなるのではないでしょうか?

ジュンジ
親子で同じ目的のものを一緒に取り組むことは、親子の絆を深めることになるよね。

もちろん、全てのお子さんに当てはまるわけではありません。やはり、合う・合わないはあると思います。お子さん自身が納得し、楽しく勉強ができるように周りの大人がサポートしてあげたいですね☆

小学生がスタディサプリイングリッシュを使いこなせるかどうかの詳しい情報を見たい方はスタディサプリEnglishは中学生に極選のツール!小学生には?も合わせてご覧ください。

まとめ

  • 脳も柔らかく、吸収力が高い小学生は英語を学ぶのにちょうどいい年齢。
  • 乳幼児期に英語と親しんでいなくても大丈夫!英語を学ぶのに早い遅いはない!自分から始めようと思い、続けることが大切。
  • 英語習得のための順番は、①聞く②話す③読む・書く。これが、英語が楽しくなる第一歩!
  • スタディサプリイングリッシュを利用して、親子で楽しく英語を勉強♪ただし、合っているかは人それぞれ。
  • 小学生が一人でスタディサプリイングリッシュを使うなら、ある程度英語の知識があると楽しく使える!

現代はグローバル社会。これからは英語を話せることが必要不可欠な時代になって行きます。小学生は、楽しく英語を学べる絶好の機会です。遊び感覚で勉強ができれば、ネイティブな発音もマスターできちゃいます。

スタディサプリイングリッシュを含め、その子に合ったやり方で、英語が得意になるように導いてあげたいですね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください