英語教師がおすすめの勉強方法の本で、コツや間違いを知ろう

英語の勉強はコツがあります!!


英語の勉強はテキストのみでしていますか?今の時代、効率よく英語を勉強するならスマホも併用して使うと劇的に伸びます。

そもそも、英語が話せる人のほとんどが「英語は継続して勉強したらできる」と口を揃えて答えます。

そう、英語の勉強は継続なんです。

どうしたら継続できるか?

それは英語をいつも見る環境を整えることです。つまり、英語の習慣化です。そこでスマホが使えるんです!

スマホって少なからず毎日一回は見ますよね。そのスマホに英語の勉強を組み合わせれば、継続が可能になってきます。継続すれば英語は必ず上達します。

これは使わない手はないでしょう!

 

みなさん、英語の勉強は進んでいますか。僕は息抜きに本屋さんに来たのですが、ついつい英語の勉強の本のコーナーの前にいました。ちょっと気分を替えたい時なんかに、パラパラとめくって、どのページからでも読めて、ついでに勉強出来ちゃう本なんかいいなぁと思ったんですよ。

がっつり勉強はスタディサプリイングリッシュでやっていますが、雑学的な面白い本もあると、より一層勉強が楽しくなりそですよね。いざ探してみると、英語の勉強の本はめちゃくちゃ多かったですよ。あまりにも多いのでその場では選べなくて、1度家に帰りました。

英語の勉強の本についての口コミを調べてから、選ぶヒントをもらおうと思ったんです。それに紙の本を買わなくても、スマホに入れてアプリで読む方法でも、持ち運びにはいいですよね。調べてみて、面白い本に出合ったので、僕のおすすめを紹介したいと思います。

【英単語】におすすめの本:覚えやすいコツ

簡単にサクッと勉強しようと思ったとき、英単語の暗記をしようかなと思いました。英単語って、覚えておきたい数は多いですよね。1度にたくさん覚えられないからこそ、隙間時間に1つでも暗記出来れば、覚える数がどんどん増えそうですよね。

【世界一わかりやすい 英単語の授業】

どんな場面でも役立つと選び抜かれた単語は400語で、4時間でマスター出来るのを目標となっています。クイズ形式で学習ができる工夫がされていて、単語帳ですが訳は大事な意味だけに絞ってあります。例文は短いフレーズで、単語を定着するのを目的とされている本です。

「悪い口コミ」

作者の名前に見覚えがあると思ったらスタディサプリの関先生でした。関先生と言えば、“わかりやすい授業”で有名なので、買って間違いはなさそうと思ったのですが、以外にも悪い口コミは多かったです。

  • 学校で生徒を教えるのに使ってみました。はじめはンパクトがあってなんとなく覚えやすそうにしているのですが、単語の小テストをしてみると全然覚えられていない。おそらくですが、普通の単語帳よりもちょっとは覚えやすいくらいの覚えやすさしかないように思えました。
  • 厳選した400語は一般的な用例から選ばれているのではなく、著者の経験から選んだものみたいなので試験向きではないと思われます。著者も言ってますが意識を変えることが目的のようです。
  • 載っている単語は既に日本に入ってきているカタカナ英語から、意味を紐づけてある印象です。著者の雑学と英単語力を土台にしたものなので、この方法では語彙を増やすのはムリなように感じました
  • 覚えるコツを説明してくれる感じを受けました。ポイントなどはしっかり抑えているのであって損はしないでしょうが、単語はやっぱり努力が必要ですね。単語を覚える特効薬にはならないかもと思いました。
スタディサプリが好きな英語の達人
関先生は人気者だからこそ、悪い口コミ意見も出るでしょうね(笑)。塾の先生の教え方と、学校の先生の教え方の違いは避けられないですからね。

ですがこのような悪い口コミを読んでいると、共通点が見えてきましたよ。

    悪い口コミの核心
  • 語彙を増やす目的の本ではない
  • 試験向きではない

…と考えると、これは英語の基礎を学ぶ本ではなく、これこそ僕の探している英語の勉強が楽しくなることが目的の本だと、僕のアンテナにはピンと来ましたよ。

「良い口コミ」

すでに英語の勉強が進んでいる人にとって、物足りなかった本なのかもしれないですよね。これは受け取り方の違いではないかと思い、良い口コミもまとめてみました。

  • 関連付けて覚えるという方法があるのを納得しました。それぞれの単語の解説は記憶に定着し易いように書かれていると思います。
  • これを読んだからといって英単語をマスター出来る訳では無いけれど、内容は非常に面白くまとめられているので、中学生でもスラスラと読めると思います。
  • 高校や大学受験をする方は膨大な量の英単語を学ばなくてはならないので、その前に読んでおくとモチベーションアップに繋がるかもしれませんね。
  • 覚えにくい単語でも本に書かれているやり方を使えばかなりえやすくなると思いました。とても役に立つ本だと思います。
ジュンジ
単語にそれぞれ関連付けがあるのは、読んでて面白いよね~。良い口コミにあるって事は、英単語の暗記に苦労している人に、わかりやすいって証拠だよ。

僕のおすすめポイント

僕が気に入ったのは、聞き覚えのある単語への、言葉の関連付けです。

dodge「避ける」という単語の意味を知っている人はほとんどいませんが「ドッジボールはボールを避ける」と聞けば忘れる方が難しいはずです。

の説明に思わず納得しちゃいました。「ドッチボール」って「ボールを避ける」だったのですね。「ボールを当てる」のかと思ってました(笑)

女性のみなさんなら、「首にぴったりと巻き付いているあの皮の首飾りはなんですか」と聞かれると、かなりの人が「チョーカーchoker」と答えるでしょう。でも主な意味に息を止めるもの)だと知っている人が何人いるのでしょうか?「choker」の主な意味を知れば、「choke(窒息させる)」という単語が覚えられます。

そんな紹介がされてるので、単語帳なのにワクワクしましたよ♪

ジュンジ
そのネタ、今度女性の前で披露しよう。尊敬のまなざしがまぶしすぎかも~。
スタディサプリが好きな英語の達人
関先生の単語帳を、ネタ帳にするつもりかい?

【英会話】におすすめの本:英語が話せる方法

続いて英会話の勉強におすすめの本です。僕はスタディサプリイングリッシュで英会話の勉強をしていますが「英語で会話したい」の実現に向けて気になりました。この本の「もう、間違った方法で英語の勉強をするのをやめませんか~」という言葉にドキッとしたんです。

【難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!】

本のタイトルの通り「英語の苦手な僕でも英語を話せるようになりますか」と著者の大橋コウスケさんの質問から始まり、ソレイシィ先生が「やるべきことは2つ。それだけ…だよ」とコミカルに答える、2人のやり取りに思わず笑える本です♪

「初心者にはおすすめしない」口コミ

こちらの本の口コミを見てみると、良いか悪いかの口コミというより、論点が「初心者向けにおすすめ」なのか「初心者に向いていない!」のかといった論争合戦みたいだなと感じました(笑)まずは「向いていない」口コミをまとめてみました。

  • ソレイシィ先生の言葉は正しいですが、最低限の基本が必要だと思います。おそらくですが、中高で習った事が基礎にあることを前提での話ですよね。英会話学校とかに超ビギナーの人が来て、外国人と話をしていても、会話が続かないので英語力が伸びないと感じてます。
  • 初心者用どころか長年英語を勉強した人にしかわからない、言語を学ぶ上の本質を捉えた本なので、英語学習者は絶対に読むべきだと思いますよ。
  • 初心者用とか書いてるレビュアーは、典型的な日本人の受験英語被害者でしょう。日本人は完璧に合ってる文法じゃないといけないと完璧主義すぎるので、実際の会話になると頭で考えすぎて言葉につまるのです。
  • そもそも海外のノンネイティブスピーカー(英語が母国語ではない外国人)は実はネイティブスピーカーよりも圧倒的に多いです。彼らは英語を喋る時、発音が訛っていたり、前置詞やら動詞の時制を間違えたりも頻繁なままなのに、彼らの英語は普通に通じていますよ

これらの口コミを読んでいくと、長年英語の勉強を続けている方は今までの勉強体験から、ソレイシー先生の言葉がハートに響いているのでしょうね。だからこそ「初心者向きの本ではない」と言っているのではないかと思いました。

ジュンジ
「初心者向けではない」というのは、僕には「この本は、英語の基礎を学ぶ本ではない」と置き換えて考えたらしっくりくる気がしたよ♪

「初心者向けをおすすめしている」口コミ

では「初心者向け」と唱えている口コミもまとめてみました。「モチベーションが上がった」との好評が目立っていました。

  • この本を読んで、英語は使わないと話せるようにはならないということがわかりました。要は、オンライン英会話をやって、スピーキングテストを受けとのことですね。サクッと読めてモチベーションの上がる本です。
  • すでに話せる人はともかく、「聞くだけで話せる」とか「読むだけで話せる」とかのテレビ等で宣伝されているような方法を選択しても話せるようにはならない!と確信しました。
  • 英語を話してみる環境を作ることの重要性とその方法が、この本を読めばよく理解できます。最初の一歩は大変ですが、ソレイシーさんは、このハードルを乗り越える勇気とモチベーションを与えてくれました。
  • 「英語を話す環境で話そう」なんて、英語初心者でなくても緊張しまくって、いきなり話せるはずなんかないですよね~。オンライン英会話でいいと言ってもらえた事で、恥ずかしがり屋の日本人は、ほっとしている人が多いでしょうね。
ジュンジ
要は「オンライン英会話でちゃんと会話しようよ」っていう事を、初心者は受け取ったんだよね。
スタディサプリが好きな英語の達人
会話する環境を作らないままで勉強してたから、TOEICで高得点を取った人でも、会話が英語で出来ない人もいるという事なんですよ。

僕のおすすめポイント

まずいきなり、日本人が英語が使えないのは、僕たちの学んできた「学校の義務教育のせいで、学校の勉強の仕方がパズルのような英語の問題をとかされてきたせいだ」と、訴えていることですよ。「パズルのような問題…」と言われたら、ものすごく思い当たりますよね。

正しい1つの答えを導き出す事がしみついてしまっている」そんなスタイルが、英語の勉強の苦手意識の原因と見抜いて「正しい英語選びにこだわりすぎないで、正解は1つどころかいくらでもある」と、コウスケさんを通してすべての悩める日本人に、語りかけられた気分になりました。

日本人の英語が苦手意識に陥る点
  • 日本人は発音を気にしすぎ
  • 日本人は完璧な文法で話すことを意識しすぎ
  • 日本人はテストに当てはまる、たった1つの答えを探している

真面目な日本人だからこそ起きているカン違いに気づいて、「英語学習に対する姿勢を考え直そう」「勉強の仕方を変えよう」と応援されていると感じました。要は僕たちが学校で学んだ英語は、英語のテストに回答を書くための勉強をしていただけなんですね。

なんといってもやり取りが面白いんです。コウスケさんが「オンライン英会話って、外国人とネットでビデオ通話するやつですよね(汗)」って尻込みしても、「プールで泳げるようになるためには、プールに入って泳がないといけないでしょ」と一掃してしまうんです。

コウスケさんがもじもじ言っても、ソレイシィ先生が「どう?」「でしょ」なんて優しく言いながら、「だから日本人、思い込み強すぎだよ」と言ってくれてる気がしてうれしいです。

ジュンジ
厚切りジェイソンが「Why Japanese people」って言ってたのを思い出すよ。なんかどちらも日本人への愛を、ありがたく感じちゃった~。

学校で習った英語を、会話に使って大丈夫?

英語を学んでいると、よく文化の違いに驚かされますよね。その文化の違いだけではなく、日本人の間違った勉強のせいで、失礼な事をしているかもしれないんですって。せっかく学んだのに失礼な事をしてたら…そんな事態を回避する為の本に出会えました。

【その英語では相手に失礼! 30分で身に付くハートが伝わる英語力 】

この本では、話者・教育者や研究者としての、体験や研究成果から書かれています。間違って使うと失礼にあたる可能性の単語、文法、表現などを紹介しながら、コミュニケーションを楽しんでもらいたいという願いが込められていますよ。

「教師の立場から」の口コミ

この本の口コミは、英語の勉強を教える教師の立場の方の口コミが目立ちました。教師は生徒に英語を教えている途中で、実は「これっておかしいのでは…」と疑問を持ちながら教えていたと知り、ちょっとショックです。

  • 本当に30分で目から鱗で、素晴らしかったです。私達が「文法的には合っているはずだけど、この言い方って変だよね!」と疑問を持ったまま、長年教えてきた例文が載っていました。なるほどなるほどって頷きながら、最後まで一気に読んでしまいました。
  • 本当に日常会話で用いられる単文が主なのがいいですね。「英会話で役立つ!いざという時の神ワザテクニック」は、更に英会話力をワン・ランク・アップさせてくれるお洒落な表現ばかりです。こんな本に出会える、今の若い人達が羨ましいです!
  • 英語教員です。この本の×な表現は、実際学校などで普通に教えられています。文法表現として間違っていないからです。相手に対してとても失礼な英語を学校では教えていますし、生徒はそんなことを知らずに覚えていきます
  • 英語を教える立場の人たちすべてに読んでもらいたいです。教える側としてこの本を役立てて、「この表現はこういう状況では上から目線で失礼だよ」と助言したいと思います。

さすが現場で英語の勉強を教えてきた教師からの口コミには、納得させられますね。こんな思いで教えて来たと初めて知りました。

ジュンジ
えっ、先生方ってこれは使えない表現だって知ってて教えていたの?裏切られた気がするよ~
スタディサプリが好きな英語の達人
テストに出るとこしか教えない、かつての勉強スタイルの歪みですよ。

「英会話を勉強中の方」の口コミ

もちろん、英語を勉強途中の生徒の方からの口コミもたくさんありましたよ。英語を知識として勉強していても、いざ「外国人と会話する時にはどうなんだろう?」と疑問や不安は抱いていたので、それらが払拭されたと好評でした。

  • この本を読まなければ、なぜ相手が不愉快に思っているのか、その理由すらわからなかったかも知れないと思うと、この本を見つけて本当にラッキーだと思いました。又逆に言えばこういう表現を使えば相手と良い関係が築けるのだと分かったので、欠かせない1冊になると思います。
  • 1つずつ表現の何が良くて何が悪いのかの、きちんとした解説が付いている事と、具体的アドバイスには説得力がありました。
スタディサプリが好きな英語の達人
間違いに気が付かないまま、自慢気に英語を使う日本人が多いので、そんな言葉を言われた外国人が「どきっ」とする事も多いと聞きますよ。

僕のおすすめポイント

この本は、見開きの2ページで展開されていて、左ページに「×」な例文と「〇」な訂正文章が丁寧に説明されています。反対の右ページではさらにプラスアルファの解説があるんです。説明が分かりやすいですし、とても楽しく読める工夫がされているんですよ。

学校で習った英語や聞きなれた英語は、正しいと皆さん思っていましたよね。それなのには失礼な英語ですよ」だなんてショックでしょ。

例えばこの本のLesson03に出てくる、How old are you?(何歳ですか?)が、この本では「×」だと書かれて驚きました。これって僕たちが学校で習った覚えがあるし、テレビなんかでもよく聞くフレーズですよね。それがいきなり「×」と言われたら、「えっ、うそ~」って思いませんか?

理由は、こんな聞き方をすると、相手にぶしつけに年齢を聞いているととられて、初対面の人に聞いては大変失礼ですと書かれていたんです。英語の勉強も大事ですが、使い方に気を付けないと、せっかく覚えたことが逆に悪い印象を与えてしまうなんて、本末転倒でしょう。

How old are you?は子どもに聞くには問題ないですから、英語として間違いではないとも書かれていました。

けれども、若い人から年長者にこの質問をすると失礼になる…とは冷や汗ものです。知らないで使っていたら、「この日本人、礼儀知らずだな…」なんて嫌われたり、「この人、知ったかぶりしてるな…」なんて笑われたりしても、恥ずかしいですよね。

適切な聞き方としてDo you mind if ask your age?(年齢をお聞きしてもよろしいですか?)がいいそうです。

『なぜイイのか』の解説がまたうれしいんです♪。mind(気にする)という動詞を使うと、「年齢をお聞きしてもかまいませんか?」と聞くことになり、聞き方が丁寧な印象となるからです…と解説がありました。

なるほどと思っていると、続けて「まぁ特に女性には聞かないように…」と、アドバイスが続いてありましたよ。万国共通のアドバイスにおもわず笑いもこぼれました。

ジュンジ
もちろん僕は日本語でも女性には聞かないようにしている…はずだよ(汗)

また、本を読んだ人の口コミの中に、

「なんてぶっきらぼうな、上から目線の英語を教わってきたのか分かりました。この本に書かれている英文を一言でも使うと、「こいつ、英語ができるな」って思われ、ネイティブ英語のシャワーを浴びることになるかもしれません(笑)」

というのも見つけましたよ。僕はそんな目に早くあってみたいです♪

オンライン英会話におすすめ!スタディサプリイングリッシュ

今回読んだ英語の勉強に関する本を読んで、英語の上達に近道はないとわかりましたが、僕のやっているスタディサプリイングリッシュで、基礎勉強の大事さもわかったんです。

そして僕のモチベーションがアップしましたよ。スタディサプリイングリッシュは、先ほどのソレイシィ先生が言われている「オンライン英会話」ですからね♪選んで間違いなかったんですから♪。

スタディサプリイングリッシュに出てくる会話はまさに日常会話が出て来るので、使い方におかしなところはないはずですよ。せっかくだから「ホントにこの表現って正しいのかな」なんて、確認しながら勉強するのも面白いですけどね。

最初におすすめした【世界一わかりやすい 英単語の授業】の本を書いた関先生は、実はスタディサプリの先生なんです。ポイントなどはしっかり抑えていますので、役にたったと良い口コミでも多く、しっかり評価されていました。

ソレイシィ先生も「実際に英語を使う」代わりに、オンライン英会話やスピーキングテストなどを紹介していますよね。オンラインで英会話をするなら、恥ずかしがり屋の日本人でも、直接ネイティブスピーカーと喋るより、ぐっとハードルが下がるから、取り組みやすいはずでしょう。

「英会話力を鍛えるためには、実際に英語を使わないとダメだ」と言ってもらえたのですから、僕はますますスタディサプリイングリッシュで、英語の勉強に励めるぞ~。

まとめ

  • 英単語を覚えるのに苦労したら、楽しい本をおすすめ。
  • 英語の勉強には、英会話が出来る環境が必要。
  • 本を読んでの否定的な口コミにも、使い方の良さが隠されているので、自分に合う使い方を探すことが出来る。
  • 学生時代に学んできた英語に失礼な英語の表現があるので、知っておかないと恥ずかしい。
  • スタディイングリッシュは、オンラインで会話できるからおすすめ。

英語の勉強をスタディサプリイングリッシュでしっかりと身に着ければ、英語で会話したくなりますよ。さらにおすすめの本を読んでおけば、実際に会話する前に慌てなくていいですよね。気を付けなくてはならない「失礼な表現」を思い出して、安心して自信もって会話に望みましょう。

そして英語を気楽に勉強といえば、英語雑誌もおすすめしますよ。待合室でたまたま横に座った人が英語の雑誌を読んでいたら「えっ」って思いますよね。英語の勉強するなら雑誌がおすすめ!!勉強に使える雑誌とは??の記事にも書きましたので、どうぞ尊敬の眼差しを浴びちゃって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください